ふるさと納税

ふるさと納税で保護犬を助けられる!ピースワンコ・ジャパンの活動紹介

こんにちは、ねるこ(@neruko_toushi)です。

我が家は毎年ふるさと納税をやっているのですが、最近、とても気になる納税先を見つけました。

ピースワンコ・ジャパンという、犬の保護や譲渡活動を行っている団体です。

ねるこ
ねるこ
ピースワンコ・ジャパンの活動内容や、ふるさと納税で支援する方法について紹介します!

ピースワンコ・ジャパンとは?

ピースワンコ・ジャパンは、ピースウィンズ・ジャパンが運営する、犬の殺処分ゼロをめざして活動している団体です。
広島の愛護センターで殺処分予定の犬を引き取り、ワクチン、狂犬病予防接種、避妊去勢などの健康管理をおこなって、全国8箇所の譲渡センターで里親さんを探す譲渡活動をしています。

ピースウィンズ・ジャパンの代表である大西氏が、2010年11月、広島県動物愛護センターで1頭の雑種の子犬「夢之丞」と出会ったことから、この活動は始まったそうです。
野良犬だった夢之丞は、その後訓練を受けて災害救助犬となり、2014年8月の広島土砂災害で行方不明者1名を発見したのを皮切りに、国内外を問わず被災地に赴いて、活動しています。

ピースワンコ・ジャパンは、犬・猫殺処分数が全国ワーストを記録した広島県で、犬の「殺処分ゼロ」を達成するという挑戦を始め、この取り組みを全国に広げようと計画しています。

※ピースワンコの『殺処分ゼロ』とは,治癒見込みがない病気や譲渡に適さない等として愛護センターの判断で安楽死対象となった犬以外の殺処分をなくすことを指しています。

保護犬を譲り受けるまでの流れ

保護犬に興味がある方に、譲渡までの流れを簡単に説明すると、こんな感じです。

  • STEP01
    準備
    シェルターなどの施設を準備
  • STEP02
    保護
    動物愛護センターから殺処分対象の犬を保護
  • STEP03
    健康管理
    検疫施設で獣医師による診察・治療など
  • STEP04
    トレーニング
    散歩や人馴れトレーニングを実行
  • STEP05
    里親探し
    譲渡センター、譲渡会などで里親を探す
  • STEP06
    譲渡
    新しい家族のもとへ

保護犬の中には、訓練を行い、災害救助犬やセラピー犬などとして、被災地や養護施設等で活躍する犬もいるそうです。

現在はコロナの影響で譲渡会開催が難しいので、毎月オンライン譲渡会が配信されていますよ!
気になる方は、是非公式HPの「保護犬の譲渡」をチェックしてみてください。

ねるこ
ねるこ
いつかマイホームを買ったら犬や猫を飼いたいなと思ってたけど、こういうところから譲ってもらうのって良いかも!

施設一覧

ピースワンコ・ジャパンの施設は、広島~関東を中心に全部で8箇所あります。

  1. 神石高原シェルター【広島】
  2. 広島譲渡センター【広島】
  3. 湘南譲渡センター【神奈川】
  4. 世田谷譲渡センター【東京】
  5. 福山譲渡センター【広島】
  6. 東京あきる野譲渡センター【東京】
  7. 生駒譲渡センター【奈良】
  8. 岡山譲渡センター【岡山】

ねるこ
ねるこ
2020年現在、約2900頭の命を救われた犬たちが、広大なシェルターでスタッフ達の愛情を受けて過ごしているそうです。

ふるさと納税でピースワンコの活動を応援できる!

このピースワンコ・ジャパンの活動ですが、ふるさと納税で応援できるんです!

ふるさと納税とは、応援したい自治体に寄付ができる制度のことです。

寄付後に手続きをすると、住民税や所得税の還付・控除が受けられます。

多くの自治体が、寄付者に地域の名産品などをお礼の品(返礼品)として用意しているので、税金の控除の制度を上手に使えば、実質2000円の負担で色々な返礼品がもらえます。

ピースワンコ・ジャパンの施設がある広島県神石高原町にふるさと納税(寄付)することで、活動を支援することができます。

納税は、大手ふるさと納税サイトの「ふるさとチョイス」から簡単にできますよ。
殺処分から犬の命を守る ふるさと納税

ふるさと納税なら、より気軽に支援できますよね。

ねるこ
ねるこ
寄付をすると、ピースウィンズ・ジャパンからお礼の品も届きます!

ふるさと納税以外の支援方法もあります

もちろん、ふるさと納税以外で行う支援方法もあります。

継続的な寄付
  • ワンだふるサポーター:1日30円(月額1000円)からの寄付で、ピースワンコ・ジャパンの活動を支援するプログラム
  • ワンだふるファミリー:「高齢」や「病気・障害を抱えている」などの理由で、長い間、家族に恵まれない犬を遠方から家族として支える会員制度
単発の寄付
  • クレジットカード/郵便・銀行振込:支援をしたいタイミングで、寄付額を自由に決める
  • 遺贈寄付:遺言書を作って遺産を寄付する
  • ショッピングで応援:株式会社wajaが運営するオンラインショップ{Fashion Charity Project(FCP)」を通じて支援
  • BOOK-OFF「キモチと。」で応援
  • つながる募金:ソフトバンクの iPhone、スマートフォンを利用している場合、募金を継続して携帯電話利用料と一緒にお支払いやTポイントで支払えるサービス
  • 支援物資を寄付:amazonの「ほしい物リスト」から寄付
  • 公式オンラインショップで購入:フェアトレードコーヒーやワンコオリジナル Tシャツなど、ワンコ応援寄付付きの商品を購入

寄付について、詳しくは、公式HPの「Peace Wanko Japan を応援」をチェックしてみてください。

返礼品だけじゃない!ふるさと納税で寄付するということ

私はここ3年ほど、毎年ふるさと納税をしているのですが、どこに納税するかは、いつも「自分が欲しい返礼品を貰えるかどうか」で選んでいました。

ほとんどの自治体は返礼品をアピールすることで寄付を促していますし、そんな利用方法が間違っているとも、悪いとも思っていません。
実際、私はこれまで魅力的な返礼品をたくさんいただいてきたことに、とても満足しています。

でも、ふるさと納税って、納税の見返りとして「モノ」を貰うことが本来の目的なのではなくて、自分のふるさとや、応援したい自治体の活動に使って欲しいという気持ちで、「自分で自分の納税先、納税後の使い道を選ぶことができる」というところが、魅力的で画期的な制度であるはずなんですよね。

これまで返礼品につられて納税先を選んできた私ですが、ピースワンコ・ジャパンの取り組みをふるさと納税で応援できることを知って、自分のお金がどう使われるのか、という観点から、ふるさと納税の納税先を選ぶのも素敵だな、と考えるようになりました。

今後のふるさと納税は、「何が貰えるか」だけではなくて、「どの場所で、どう使って欲しいか」という観点からも選んでみたいと思っています。

ねるこ
ねるこ
ピースワンコ・ジャパンは第一候補です!

インスタ、ツイッターやってます!

インスタでは投資やお得情報の発信、ツイッターでは日常のあれこれや買った銘柄のことなどを呟いてます。

ABOUT ME
ねるこ
4歳&0歳兄弟の母です。自分の幸せと家族の未来のために、働き方改革中&お金のことを勉強中。私と同じような、自立したいママ、堅実に資産運用したいママを応援したい!このブログがそんな誰かの役に立ったり、一歩踏み出すきっかけになるといいなと思いながら書いてます。お仕事の依頼もお待ちしています。
あなたにおすすめの記事