投資初心者さんへ

【目的別に紹介】2つ目の証券口座、サブ使いの証券口座におすすめの証券会社7選

メイン口座を開設して、投資に慣れてくると…
もう一つくらい、証券口座が作った方がいいかな?と思うようになりますよね。

積立用、優待用、デイトレ用など、目的別に証券口座を分けるためだったり、IPOや優待クロスに挑戦するためだったり。

そんな、ちょっと投資に慣れてきた人が次に開設するのにおすすめの証券会社を紹介します。

目的別!おすすめ証券会社一覧
  1. デイトレするならストリーム
  2. 優待クロス目的ならSMBC日興証券
  3. FXを始めるならGMOクリック証券
  4. ETFを売買するならインヴァスト証券
  5. IPO当選を狙うならマネックス証券
  6. 米国株を売買するならDMM株
  7. Tポイントで株を買いたいならSBIネオモバイル証券
  8. LINEポイントで株セールに参入するならLINE証券

これから紹介する証券口座は、「2つ目以降」に開設するのにおすすめの口座です。

初心者さんが、最初に開設する、メイン口座としておすすめの証券口座は楽天かSBI!

  1. 楽天ユーザーなら迷わず楽天証券
  2. 迷ったら選択肢が広く欠点のないSBI証券

この2つの証券口座については、こちら↓の記事で詳しく紹介しています!

デイトレするなら【STREAM(ストリーム)】

  1. 約定代金にかかわらず、現物取引も信用取引も手数料がすべてゼロ
  2. 複数のニュースソース他、適時開示に、銘柄ごとの掲示板、Twitterまで、情報ソースがとにかく豊富
  3. ユーザー同士が交流できて、コミュニティでのアクションポイントによって株取引の際に優遇が受けられる
  4. 情報ソースから関連銘柄への取引が非常にスムーズ

STREAM(ストリーム)は、なんと言っても、現物取引・信用取引ともにいつでも、何回でも株取引手数料が無料なのが本当にすごい!

全て無料なのはストリームだけなので、何度も取引をするデイトレにはとてもおすすめです。

私も口座を開設しています。

ストリームの公式HPへ

ストリームについては、こちらの記事↓でより詳しく紹介しています!

優待クロス目的なら【SMBC日興証券】

  1. 信用取引の売買手数料が無料
  2. 一般信用売り建ての取扱銘柄数は約2,000銘柄
  3. 株の在庫も豊富
  4. 貸株料は1.4%で業界最安値
  5. IPO(新規公開株式等)の取扱銘柄数も豊富

優待クロスをするなら、「一般信用売り」ができる証券会社で口座を開設する必要があります。

2020年2月現在、一般信用売建が可能な証券会社は全部で9社(松井証券・カブドットコム・SBI証券楽天証券GMOクリック証券・SMBC日興・マネックス証券・大和・岩井コスモ証券)。

その中で、最もクロス取引におすすめなのがSMBC日興証券です。

約定代金や建玉残高にかかわらず、信用取引の売買手数料が無料なのはSMBC日興証券だけ。

現物取引の手数料が他社と比べてちょっと高めなのは難点ですが、クロス取引をするなら、とりあえず持っておくべき証券口座!

IPO(新規公開株式等)の取扱銘柄数も豊富なので、IPO当選を狙う人にもおすすめ。

SMBC日興証券の公式HPへ

ちなみに次に紹介するGMOクリック証券もクロス取引におすすめです。
クロス取引には複数の口座があった方がいいので、SMBC日興証券と合わせて、GMOクリック証券でも口座を開設しておくといいですよ!

FXを始めるなら【GMOクリック証券】

  1. FX取引高が7年連続で世界No1
  2. 業界最狭水準のスプレッド
  3. 高水準のスワップポイント
  4. 24時間のサポート体制
  5. 複数の金融商品を一元管理できる
  6. 自社開発アプリ・ツールが優秀

FXに挑戦するなら、迷わずGMOクリック証券

GMOクリック証券は、世界で最も使われているFXツールです。
この実績が、使いやすさの何よりの証拠!

数あるFX会社と比較しても、狭いスプレッドと高水準のスワップポイントを維持していて、短期・長期どちらのトレードでも良さを実感できます。

現物・信用共にの手数料が安いので、優待クロス取引用の口座としてもおすすめ。

GMOクリック証券の公式HPへ

ETFを売買するなら【インヴァスト証券】

  1. ETFを自動売買できる

ETFを自動売買できる(トライオートETF)のはインヴァスト証券だけ!

ETFでシステムトレードができるという、ありそうでなかったサービスです。

インヴァスト証券の公式HPへ

IPO当選を狙うなら【マネックス証券】

  1. IPO割り当ての100%が完全公平抽選
  2. IPOの取扱数が多い
  3. 抽選は1人1票方式

IPOに挑戦したいなら、マネックス証券

IPO投資にマネックス証券がおすすめな理由は、マネックス証券に割り当てられたIPO株は、100%すべてが1人1票の平等抽選で配分されるから。
取引実績や保有資産にかかわらず、当選確率は平等です。

資産が少ない個人投資家や、投資を始めたばかりの初心者でも、平等に当選のチャンスがあるんです。

抽選は1人1票方式なので、家族ごとに口座を作れば、さらに当選率が上がります

さらに、IPOの取扱実績が豊富で、全証券会社の中でもトップクラスの取扱数。(2019年は45社)

IPOに挑戦するなら、まずマネックス証券で口座を開設すべきです。

マネックス証券の公式HPへ

ちなみに2番手でおすすめなのは松井証券

IPO投資は、IPO申し込み用の口座をたくさん持っておいた方が勝率が上がりるので、松井証券も合わせて口座開設するのがおすすめです。

米国株を売買するなら【DMM株】

  1. 米国株式の取引手数料が0円
  2. 資金不要でIPO抽選に参加可能

主要ネット証券(SBI証券、楽天証券)の米国株式取引手数料は、「約定代金の0.45%(税抜)、最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル」です。

しかし、DMM株の手数料は0円

ちなみに1米ドルあたりの為替手数料は片道25銭で、こちらは主要ネット証券と同じ水準です。

証券会社1約定ごとの手数料最低手数料上限手数料為替手数料
DMM株無料無料無料25銭
SBI証券0.45%無料20ドル25銭
SBI証券
(SBIネット銀行外貨積立の場合)
0.45%無料20ドル2銭
楽天証券0.45%無料20ドル25銭

米国株の取引にかかる手数料(取引手数料+為替手数料)はネット証券最安となるため、米国株を売買するなら、DMM株が圧倒的におすすめ。

個別米国株や米国ETFなど、900銘柄以上を取り扱っています。

DMM株は、資金不要でIPO抽選に参加可能なので、IPO用に開設するのもありです。

DMM株の公式HPへ

Tポイントで株を買いたいなら【SBIネオモバイル証券】

  1. Tポイントで株が買える
  2. ロボアドバイザー(WealthNavi for ネオモバ)を利用すれば、1万円から自動で資産運用できる
  3. 1株単位(S株(単元未満株))で株が購入できる
  4. 期間固定Tポイント200ポイントが毎月もらえる
サービス利用料(月額)イメージ
SBIネオモバイル証券より

SBIネオモバイル証券の魅力は、Tポイントで株が買えること!!

さらに、1株から株が買えるので、投資に使える資金が少ない人にも非常におすすめです。

しかも手数料は月額で、約定代金合計50万以下なら200円。

Tポイントユーザーや、ミニ株を試したい、という人にはSBIネオモバイル証券がぴったりです。

SBIネオモバイル証券の公式HPへ

LINEポイントで株セールに参入するなら【LINE証券】

  • 厳選した日本の有名企業315社が1株150円〜3,000円程度で買える
  • 国内ETFも9種類、1口から取引できる
  • LINE Payから購入できる
  • LINEポイントで入金・購入できる

LINE証券は2019年に開始されたばかりの新しいサービスで、LINE証券株式会社が運営しています。

新しい会社ではありますが、幅広い金融商品、手数料の安さ、初心者でも使いやすい、どれをとっても他の証券会社と引けをとってません。

頻繁に株のセールという面白いイベントをやっていて、お得に株を購入することができます。

大手企業の株を1株から買うことができて、ラインポイントで株が買えるので、ラインユーザーにおすすめの証券口座です。

LINE証券の公式HPへ

目的にあった証券口座を開設して、より良い投資を

今回紹介した口座は、メイン口座としておすすめした楽天証券SBI証券とは違って、独自の突出した特徴的なサービスがある証券口座です。

目的別!おすすめ証券会社一覧
  1. デイトレするならストリーム
  2. 優待クロス目的ならSMBC日興証券
  3. FXを始めるならGMOクリック証券
  4. ETFを売買するならインヴァスト証券
  5. IPO当選を狙うならマネックス証券
  6. 米国株を売買するならDMM株
  7. Tポイントで株を買いたいならSBIネオモバイル証券
  8. LINEポイントで株セールに参入するならLINE証券

楽天証券やSBI証券はサービスが豊富で全てが平均点以上、マルチに対応できる優等生な証券口座、という感じ。
なので、初心者さんがまず開設する、メイン口座としておすすめです。

一方、今回紹介した証券会社は、マルチな対応は難しいけれど、突出したサービスや、新しいサービス、独自のサービスを持っていて、ニッチな需要に対応している口座です。

なので、デイトレやクロスなど、決まった目的に使うのにぴったり、という証券口座が多いのです。

投資に慣れてきて、自分のやりたい投資手法が増えたら、目的に合った証券口座を開設して、より良い投資ライフを送ってくださいね!

ブログ村のランキングに参加中!

現在参加しているブログ村のカテゴリーはこちらです。
カテゴリ内には、魅力的なブログがたくさんありますよー

にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ
投資初心者さんにおすすめネット証券ベスト3
楽天証券
楽天証券
楽天ユーザーなら絶対ここ!手数料も安く、初心者でも使いやすい操作画面。このブログにも頻繁に登場する、私のメイン証券です。
【おすすめポイント】
・プロにも人気の高機能なトレードツール、「マーケットスピード」が無料
・手数料の1%が楽天ポイントとして貯まる
・楽天ポイントで株や投資信託が購入できる
・投資信託購入時に楽天カード払いにすると楽天ポイントが貯まる
おすすめ度
手数料(約定ごと)~10万:90円、~30万:250円、~50万:250円、~100万円:487円
外国株
信用取引
夜間取引
ミニ株×
IPO

詳細ページ公式ページ

SBI証券
口座開設数・投資信託取扱数1位!手数料も最低水準。欠点のないオールマイティーな証券会社です。Tポイントユーザーならこっち。
【おすすめポイント】
・アクティブプランにすると、一日の約定代金の合計が10万円以下なら、何回取引しても手数料0円
・夜間取引(PTS)が可能かつ利用者が多い
・新規公開株(IPO)取扱い数が多い
・業界大手、口座開設数No.1という安心感
おすすめ度
手数料(約定ごと)~10万:90円、~30万:250円、~50万:350円、~100万:487円
外国株
信用取引
夜間取引
ミニ株
IPO

詳細ページ公式ページ

SBIネオモバイル証券
SBIネオモバイル証券
資金の少ない投資初心者さんはこちらがおすすめ!少ない資金で色んな株が買えて、売買も簡単。月額サービスで少額取引が断然お得。
【おすすめポイント】
・Tポイントで株が買える
・1株から株が買える
・手数料は月額!1ヶ月の取引合計が50万以下なら、月200円で取引し放題
おすすめ度
手数料(月額)~50万:200円、50~300万:1,000円、300~500万:3,000円、500~1000万:5,000円
外国株×
信用取引×
夜間取引×
ミニ株
IPO×

詳細ページ公式ページ