資産・保有銘柄公開

【詳しく図解】楽天証券で、投資合計金額と正確な実現損益(税引き利益額)を確認する方法

楽天証券を利用している皆さーん!!

自分が今までにどのくらい投資していて、どのくらいの利益を得ているのか、正確に把握できていますか?

株取引を重ねるうちに、分からなくなる人が多いのではないでしょうか。

楽天証券は、保有商品一覧画面の右上にこれまでの実現損益の累計が出てくるのですが、
(こんな感じ↓)

楽天証券より

ここに書かれている実現損益(私の場合は600,958円)には、税金で引かれる部分も計上されているので(特定口座で売却したものは、売却益から税金が引かれます)、この額がそのまま懐に入るわけじゃないんですよね。

「配当・分配金」の欄は税引後の金額が書かれています

税金分が引かれるので、楽天証券の画面上で表示されている額から、実現損益は変わります

今回は、私の資産を赤裸々に公開しつつ、楽天証券で投資資金の合計額と、税引き後の利益の合計額を正しく確認する方法をご紹介します。

ねるこ
ねるこ
まぁ、私の場合、細かく計算しなくても現時点で元手より減ってるのは明確なんですけど…

まずは保有商品一覧画面で資産を大まかにチェック

まずは保有商品一覧画面を表示させましょう!
資産合計と保有商品が全て表示されるのでとても分かりやすいです。
楽天証券ユーザーなら、ここが一番よく見る画面かと思います。

さて、私の今の資産と保有商品はどんな感じかといいますと…

楽天証券より

楽天証券の保有商品一覧のトップページで確認したところ、3月14日時点の資産合計は、3,204,872円でした。

私は国内の小型株が好きなので、ポートフォリオはマザーズやジャスダック、東証2部銘柄が多めです。

そして、持ち株、現在約130万円の含み損!!!
過去最大の含み損を抱えています。

ねるこ
ねるこ
銀行に預けてた方がましだったね!!!

しかし、保有商品一覧のトップページを見ただけでは、自分が株にいくらつぎ込んでいて、どのくらいの利益を得ているのかは分かりません。

これから、投資資金と、利益のそれぞれについて正確な額を確認する方法を画像付きで紹介します。

投資資金の合計額と、その内訳の確認方法

楽天証券では、「入出金・振替」タブの「入出金履歴」というところを見ると、入金額の合計と出金額の合計が分かります。

入金額の合計(青枠)-出金額の合計(赤枠)=現在楽天証券に入金している額

なので、私が楽天証券に入金している額(今まで株につぎ込んだ額)は、

4,882,165-978,165= 3,904,000円

ということが分かりました。

元手の300万円にプラスして、1年4ヵ月のうちに約90万円を追加投入したってことですね。

ちなみに、私は毎月楽天ポイントで投資信託を購入しているのですが、履歴を見たら、投資資金の合計額3,904,000円のうち、17,067円は楽天ポイントだったということが分かりました。

ねるこ
ねるこ
思っていたよりつぎ込んでる…

株で得た利益(税引き後)の合計額と、その内訳の確認方法

次に、株でどのくらいの利益を得たかを税引き後で確認する方法ですが、ちょっと面倒です。

私が株で得た利益は、

  1. 売却益
  2. 配当金
  3. 貸株金利

の3つに分けられます。

ねるこ
ねるこ
では、順番に確認していきます!

1.売却益(税引き後)の確認方法

実現損益600,958円から税金がいくら引かれたかは、「口座管理」タブの「損益・税金利益」>「特定口座損益」のところを見れば分かります。

2017年11月から株を始めましたが、売却は2018年中しかしていないので、実現損益があるのは2018年のみです。

なので譲渡年は2018年分しか出てきません。

実現損益600,958円のうち、特定口座での売却益は265,948円であり、うち54,000円が税金として引かれていることが分かります。

なので、税引き後の売却益の合計額は、

600,958-54,000=546,958円

ということが分かりました。

ねるこ
ねるこ
ちなみにこの画面で配当・分配金にかかった税金の内訳も分かります

2.配当・分配金(税引き後)の確認方法

配当・分配金は、保有商品一覧のトップページ画面(この記事の最初の画像)右上に書かれている数字が、税引き後の数字なので、それを確認すればよいのですが、もうちょっと詳しく内訳を確認したい場合は、「入出金・振替」タブの「配当・分配金」というところを見ます。

税引き後の配当金の合計額は36,570円と、0.79USドルということが分かります。

私の場合、投資信託は全て分配金を再投資するコースで運用しているので、分配金はありません。

3.貸株サービスで得たお金の確認方法

楽天証券で貸株サービス(持ち株を貸し出して、一定の金利を受け取れるサービス)を利用している場合は、貸株サービスで得たお金も株で得た利益ということになります。

貸株サービスで得たお金の合計額は、「国内株」タブの「貸株」>「金利・配当金相当額明細書」で見ることができます。

私は2018年の6月から貸株を始めたのですが、今までで合計20,246円の貸株金利を得ていることが分かりました。

私の場合、貸株に出している株は、株主優待・配当を自動取得するコースを選択しており、配当金を貰っているので、配当金相当額はありません。

また、貸株にかかる税金についてですが、楽天証券で自動的に引かれるということはありません

貸株金利・配当金相当額は税制上、雑所得扱いとなり、他の所得と合算のうえ、総合課税の対象となるのですが、年収2,000万円以下のサラリーマンの方で給与所得以外の所得が20万円以下の場合など、一定の要件を満たす場合は確定申告不要です。

ねるこ
ねるこ
私は確定申告不要の条件に当てはまるので、貸株金利に税金はかかっていません。

投資金額と得た利益の合計と内訳、まとめ

長くなりましたが、これでようやく、今までに株にいくらつぎ込んで、どのくらいの利益を得ているのかが分かりました。

合計額とその内訳をまとめると、

投資金額合計3,904,000円
 現金3,886,933円
 楽天ポイント  17,067円
利益合計603,774円
0.79USドル
 売却益546,958円
 配当36,570円
0.79USドル
 貸株金利20,246円

こんな感じでした!

ここでもう一度、保有商品一覧画面を見てみましょう!

楽天証券より

実現損益は600,958円、となっていますが、税引計算後の売却益は546,958円なので、結構異なりますよね。
私はNISAも利用していますのでこれくらいの差額ですが、特定口座・一般口座のみで売買している人なら、税引計算後の売却益はもっと少なくなるはずです。

貸株サービスで得たお金に関しては、そもそもこの画面では分かりませんし。

自分でもよく分かっていなかった税引き後の利益や内訳が分かってすっきりしました。

思っていたより貸株金利の額が大きかったり、新たな発見もありました。

ねるこ
ねるこ
一年に一度くらい、こうやって振り返るといいかもしれません!

ブログ村のランキングに参加中!

現在参加しているブログ村のカテゴリーはこちらです。
カテゴリ内には、魅力的なブログがたくさんありますよー

にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ
おすすめネット証券ベスト3
楽天証券
楽天証券
投資初心者さんにおすすめ。楽天ユーザーなら絶対ここ!このブログにも頻繁に登場する、私のメイン証券です。
【おすすめポイント】
・プロにも人気の高機能なトレードツール、「マーケットスピード」が無料
・手数料の1%が楽天ポイントとして貯まる
・楽天ポイントで投資信託が購入できる
・投資信託購入時に楽天カード払いにすると楽天ポイントが貯まる
おすすめ度
手数料(約定ごと)~10万:90円、~30万:250円、~50万:250円、~100万円:487円
外国株
夜間取引
ミニ株×

詳細ページ公式ページ

SBI証券
口座開設数・投資信託取扱数1位!手数料も最低水準。欠点のないオールマイティーな証券会社です。迷ったらここ。
【おすすめポイント】
・アクティブプランにすると、一日の約定代金の合計が10万円以下なら、何回取引しても手数料0円
・夜間取引(PTS)が可能かつ利用者が多い
・新規公開株(IPO)取扱い数が多い
・業界大手、口座開設数No.1という安心感
おすすめ度
手数料(約定ごと)~10万:90円、~30万:250円、~50万:350円、~100万:487円
外国株
夜間取引
ミニ株

詳細ページ公式ページ

松井証券
特徴ある魅力的な手数料サービス!少額取引、信用取引、デイトレードを頻繁に行う人はここがおすすめ。
【おすすめポイント】
・一日の約定代金の合計が10万円以下なら、何回取引しても手数料0円
・現物取引と信用取引の約定代金を合算した一日の約定代金合計により手数料が決まる
・一日信用取引は、約定代金に関係なく手数料無料
おすすめ度
手数料(1日定額)~10万:0円、~30万:300円、~50万:500円、~100万:1,000円
外国株×
夜間取引
ミニ株×

詳細ページ公式ページ