暮らしのあれこれ

【まとめ】悩める育休中ママ・ワーママに向けた記事

私は、会社員としてフルタイムで働いています。

育児や家事と仕事の両立は大変で、もう無理…と思うこともありますが、メリットもたくさん。

本業があり、社会の一員であると実感できること、安定してお金を稼げていることが、自分の自由と自信に繋がっているなとも感じます。

それに、やりがいを持って働くママってかっこいいですよね。

このブログでは、そんな働くママを全力応援しています。

ねるこ
ねるこ
仕事と家事・育児との両立におすすめの記事はこちらです。

育休中のあなたへ

育休中って、小さな子供のお世話で身体は忙しいけど、ふと考える時間はたくさんあるせいか、将来について色々と思い悩みがち。
私もそうでした。

今の私が、育休中にやっておいて良かった&やっておけば良かったなぁと思うことをまとめた記事はこちら。

育休って、誰もが経験できるわけではない、「ちょっと特別な時間」だと思うんです。
是非とも充実した育休ライフを送ってくださいね。

余裕があれば、資格の勉強をしたり、ブログや株など新しいことに挑戦するのもおすすめです。

保活をする人は、【保活】のカテゴリで実体験を元にポイントなどをまとめていますので、チェックしてみてください。

家電とサービスをフル活用

ワーママに一番足りないのは「時間」です。

家電と便利なサービスをどんどん使って、家族と過ごす時間や、自分のための時間を確保してくださいね。

ワーママにおすすめの家電・便利グッズ

私は生活を楽にしてくれる家電や便利グッズにはかなり投資をしています。
色んなものを買いましたが、中でもおすすめの家電・グッズを紹介します。

ワーママにおすすめのサービス

お疲れ気味のワーママに是非利用して欲しいサービスをまとめました。

宅配で日々を乗り切り、ここぞと言う時は家政婦サービスを利用するのがおすすめです。

とにかく時短!毎日の乗り切り方

時短の方法は他にもあります。

取り入れられそうな時短術は、どんどん取り入れちゃってください!

おすすめ時短術

忙しい日々の中でも自分の時間は大事です!

私が自分の時間を作るために意識しているのは「何かをやめる」こと。
やめることで時間が生まれます。

会社員ママの日々

私の毎日はこんな感じです。
手を抜きまくりの日々ですが、これでいいんです!!

一番大事なのは、人と比べないこと。比べるときつくなっちゃいますよ。

家庭内家事分担の話

家事分担については、今も揉めますし日々喧嘩(っていうか私が一方的に怒ってる)もしてますが(笑)、名もなき家事・見えない家事に着目して真剣に話し合いしたことで、随分不満が減って楽になりました。

共働きなのに私の家事負担が多すぎる!と感じているママに読んで欲しいです。

仕事を辞めたくなったら

育児と仕事の両立って、本当に大変ですよね。

私の場合、育休復帰してから、仕事を辞めたいと思うことが多くなりました。
そんな時に考えた仕事と自分の人生の話はこちら↓

あなたは何のために働いてますか?
自分のため?家族のため??

私は、目的が分からなくなるほど疲れ切ってしまったり、毎日忙しすぎて幸せが全然感じられない状況が続くなら、会社を辞めたっていいと思います。

世の中に仕事はたくさんあります。
自分がもっと輝ける仕事だってきっとある。

もちろん、仕事をしないで、しばらく家庭に専念するのもありです。

でも、今後どんな選択をしたとしても、一つだけ決めていることは、「家族や周りのせいにはしない」ということ。

たとえ家族のことを思っての選択だったとしても、決めるのは自分です。
自分の人生だから、自分で考えて、決断して、自信と責任を持つべきです。

そうすれば、きっとそこから道が開けると思っています。

今を乗り切るために活用して欲しいサービス
退職・転職する際におすすめのサービス

ちなみに私は辛くなったら

ねるこ
ねるこ
こんだけ働いて税金納めて子供も育てて家事もするとか、私って有能すぎ!社会に貢献しすぎ!!日本の宝!!!

と思って自分で自分を称賛しています。笑
そして、忙しいと愚痴を言いつつも、そんな自分のことが好きなんだと自覚しています。

ワーママはみんな頑張ってますよね。
人と比べずに、強く賢く自分の決めた道を歩いていきましょ!!

ブログ村のランキングに参加中!

現在参加しているブログ村のカテゴリーはこちらです。
カテゴリ内には、魅力的なブログがたくさんありますよー

ABOUT ME
ねるこ
ねるこ
3歳の子供がいるワーママです。自分の幸せと家族の未来のために、働き方改革中&お金のことを勉強中。私と同じような、自立したいママ、堅実に資産運用したいママを応援したい!このブログがそんな誰かの役に立ったり、一歩踏み出すきっかけになるといいなと思いながら書いてます。お仕事の依頼もお待ちしています。