ジュニアNISA

【完全保存版】ジュニアNISA口座の開設方法と必要な添付書類一覧

うさこ

ジュニアNISA口座、つくるぞー!開設手順は?何が必要なのかな?

ジュニアNISA口座をどの金融機関で開設するか決めたら、早速口座開設の申し込みをしましょう!

ジュニアNISA口座をどの金融機関で開設するか決めていない場合は、こちらの記事で証券会社の比較をしてるのでチェックしてみてください

ジュニアNISA口座は、その他のNISA口座や、一般の証券口座を開くより開設に手間がかかるのです。

でも、この記事を読めば、スムーズにジュニアNISA口座が開設できますよ!

この記事で分かること
  1. ジュニアNISA口座の開設手順
  2. 開設に必要な書類
  3. 書類以外に必要になるもの
  4. 開設するときに注意すること
ねるこ
ねるこ
ちなみに我が家は楽天証券でジュニアNISA口座を開設しました!

ジュニアNISA口座の開設手順

親が子供用にジュニアNISA口座を開設する場合の手順はこんな感じです。

  1. ジュニアNISA口座を開設したい金融機関に親名義の口座を開設する
  2. ジュニアNISA口座を開設したい金融機関に子供名義の「未成年口座」と「ジュニアNISA口座」の開設の申し込みをする
  3. 後日金融機関から届いた資料を見ながら、必要書類や申込書を用意し、送付
  4. 審査が終わって開設完了の連絡が来るのを待つ
  5. 口座開設!

ジュニアNISA口座を開設する際は、子供だけじゃなく、親のどちらかが金融機関に口座を開設している必要があります

さらに、ジュニアNISA口座を開設する前に、子ども名義の「未成年者口座」を開設する必要があります

つまり、ジュニアNISA口座を開設する前に、親名義の口座と、子供名義の未成年口座の2つを開設しなきゃいけないんですね。

ねるこ
ねるこ
道のりが長いな…
投資王

諦めるなー!!

ただし、多くの金融機関は、未成年者口座と同時にジュニアNISA口座の開設も申し込むことができるので、併せて申し込んじゃいましょう!

この手順は、親も子供も証券口座を持っていない状態からジュニアNISA口座を開設する場合の手順です。

既に親名義の口座を開設している場合や、未成年口座を開設している場合は、その分手間が減りますよ!

ジュニアNISA口座の開設に必要な添付書類

口座を開設したい金融機関に口座開設の申し込みをして、ジュニアNISA口座開設申込書が自宅に届いたら、申込書に必要事項を記入し、必要な書類を同封してポストに入れるのですが…

ジュニアNISA口座は、他のNISA口座や普通の証券口座に比べて、口座開設に必要な添付書類が多いです。

申込書を返送する際に添付しなきゃいけない書類の一覧はこちら。

申し込みに必要な添付書類
  1. 子供のマイナンバーが分かる書類
  2. 親の本人確認書類
  3. 親と子供の続柄が確認できる書類

親と子供が同居していない場合は、上の3つに加えて、子供の本人確認書類(以下のどれか)のコピーが必要になります!

  • 各種健康保険証(表裏両面)
  • 在留カード(表裏両面)
  • 印鑑登録証明書運転免許証(表裏両面)
  • 住民基本台帳カード(表裏両面)
  • 旅券(パスポート)
  • 特別永住者証明書(表裏両面)
  • 住民票の写し
  • 個人番号カード(顔写真がある面)

※パスポートは顔写真があるページと現住所が確認できる「所持人記入欄」ページのコピーが必要です

この必要書類を揃えて書類を金融機関に送れば、後は口座開設完了の連絡を待つだけです。

3つの必要書類について、詳しく説明していきますね!

①子供のマイナンバーが分かる書類

証券会社から届く口座開設申請用の書類の中に、「未成年者のマイナンバー通知届出書」が入ってます。

これに子供のマイナンバーを記入してから、子供のマイナンバーが分かる書類(下記のどれか)を貼付します。

  1. 通知カード
    ※表面のみコピー
  2. マイナンバーカード(個人番号カード)
    ※表面・裏面どちらもコピー
  3. マイナンバーの記載がある住民票の写し
ねるこ
ねるこ
我が家は②の子供のマイナンバーカードを発行してなかったので、①の通知カードのコピーを添付したよ!

②親の本人確認書類

子供の口座を開設するのに、親の本人確認書類も必要なのです!

以下の中からどれでも良いのでどれか1点、書類のコピーを同封します。

  1. マイナンバーカード(個人番号カード)
    ※顔写真がある面のコピー
  2. 運転免許証
    ※表面・裏面どちらもコピー
  3. パスポート
    ※顔写真があるページと、現住所が確認できる「所持人記入欄」ページのコピー
  4. 住民基本台帳カード
    ※表面・裏面どちらもコピー
  5. 在留カード
    ※表面・裏面どちらもコピー
  6. 特別永住者証明書
    ※表面・裏面どちらもコピー
ねるこ
ねるこ
私は②の免許証のコピーを添付したよ!

上の6つはどれも用意できなーい!という場合は、以下の中からどれか2点を選んでコピーを同封すれば大丈夫です。

  1. 健康保険証
    ※表面・裏面どちらもコピー
  2. 印鑑登録証明書
  3. 住民票の写し

③親と子供の続柄が確認できる書類

親と子供の続柄が確認できる書類として、「家族全員が記載された住民票の写し(親子の続柄が記載されているもの)」を添付する必要があります。
※コピーでもOK

親(父母どちらも)と子供が同居している場合は住民票でいいのですが、同居してない場合(子供が一人暮らししていたり、単身赴任や離婚等で親権者が1人しか同居してなかったり)は、戸籍謄本戸籍全部事項証明書が必要になります!

ねるこ
ねるこ
我が家は両親どちらも子供と同居していたので、住民票の写しで良かったんだけど、なんかよく分からなくて戸籍謄本を添付しちゃったよ!笑
投資王

まぁそれでもOKです。でも戸籍謄本の方が住民票より発行にお金がかかるよ!

添付書類以外に用意する必要があるもの

添付書類は先ほど説明した通りなのですが…

添付書類以外にも必要なものがあるので、紹介します!

添付書類ではないけど、必要なもの
  1. 子供名義(ジュニアNISA口座を開設する未成年者本人)の銀行口座
  2. 印鑑(①の振込先金融機関口座の届出印)
  3. 親名義の証券口座

ジュニアNISA口座を開設したい子供の名義で銀行口座を持ってない場合は、作る必要があります

あと、銀行口座開設時の印鑑もね!

また、最初の手順でも紹介しましたが、ジュニアNISA口座を開設したい金融機関に親のどちらかが証券口座を持っていない場合は、親も作る必要があります。

投資王

ちょっと手間はかかるけど、とてもお得な制度だから、対象となる子供がいるなら、開設することをおすすめします!

口座開設は以下のバナーからどうぞ♩

\SBI証券の口座開設はこちらから/

\楽天証券の口座開設はこちらから/

ジュニアNISA口座が開設できたら、早速投資をはじめよう

金融機関から口座開設完了の連絡がきたら、ジュニアNISA口座で投資を始めることができます

ねるこ
ねるこ
手続きお疲れ様でしたー!!

早速、ジュニアNISAで資産運用を始めましょう!

…と、その前に。
NISA開設後にまずはこちらの記事を読んで、ジュニアNISAでどのように資産運用するか、考えてみてください。

ジュニアNISAで運用するお金は、将来のための、大事な資産です。
しっかり戦略を立ててから投資をしましょう!

ねるこ
ねるこ
私はあまり深く考えずに株を買ってしまい、後で後悔しました!笑

ジュニアNISAに関する記事は他にもあります

ブログ村のランキングに参加中!

現在参加しているブログ村のカテゴリーはこちらです。
カテゴリ内には、魅力的なブログがたくさんありますよー

ABOUT ME
ねるこ
ねるこ
3歳の子供がいるワーママです。自分の幸せと家族の未来のために、働き方改革中&お金のことを勉強中。私と同じような、自立したいママ、堅実に資産運用したいママを応援したい!このブログがそんな誰かの役に立ったり、一歩踏み出すきっかけになるといいなと思いながら書いてます。お仕事の依頼もお待ちしています。
あなたにおすすめの記事