ジュニアNISA

【投資信託】ジュニアNISAで購入する投資信託、これに決めました!!

こんにちは、ねるこです。

ジュニアNISAでどんな金融商品を買うべきか悩んだ結果、

今年(2019年)は投資信託とETFを半々で運用する!

と決めたのですが、

我が家が口座を開設している楽天証券のジュニアNISAでは、海外ETF(というか海外株式全般取り扱いなし)は購入できないことが分かりました

(その時の記事はこちら↓)

我が家は投資信託もETFも海外に投資できるものが良かったため、

これからジュニアNISA口座で買う金融商品は、投資信託のみにする!

ことにしました。

その後、投資信託の分配金は再投資型にすべきか、受取型にすべきか悩み、

(その時の記事はこちら↓)

ジュニアNISA口座で買う投資信託は、無分配型のものにする!

という結論に。

…そして、ようやくジュニアNISAで買う投資信託のファンドを決めました

投資王
投資王
色々と遠回りしすぎでしょ
ねるこ
ねるこ
ここまでくるのに時間かかったよねー

我が家のジュニアNISA口座のこと

これまでの運用履歴

現在1歳の娘がいる我が家は、2018年に楽天証券でジュニアNISA口座を開設しました。

2018年には枠内の80万円で国内の個別株を購入し、2019年に入ってからも既にオリックス(8591)を100株(約16万円分)を購入しています。

(過去の運用履歴について、詳しくはこの記事に書いています↓)

資産運用の目的

ジュニアNISAの資金は、娘の将来の教育資金(主に大学用)にする予定です。

投資には元本割れのリスクがあることはもちろん分かっています。
なので、できる限りリスク分散しつつ、長期運用&ジュニアNISAの恩恵を有効利用することで、将来受け取れるリターンを大きくしたい、と思っています。

というわけで、そんな我が家の目的に合うよう、以下の条件を念頭にファンドを選びました。

ジュニアNISA口座で買う投資信託の条件
  1. 無分配型(ジュニアNISA枠を目いっぱい使いたい&複利効果を最大限に生かしたいため)
  2. 運用コスト(信託報酬)が安いもの
  3. インデックス型
  4. 海外の市場を対象としたもの
  5. 純資産残高が一定以上あり、右肩上がりに増えているもの(20年後も安心して持っていたいため)
ねるこ
ねるこ
この条件を踏まえて、選んだ投資信託を紹介します!

我が家が選んだ、ジュニアNISA口座での運用におすすめの投資信託

①eMAXIS Slim先進国株式インデックス

楽天証券より

「外国株式インデックスマザーファンド」通じて、主として日本を除く世界各国の株式に投資を行い、MSCI Kokusai Index(MSCIコクサイ インデックス)(円換算ベース)と連動する投資成果をめざす。対象インデックスとの連動を維持するため、先物取引等を利用し株式の実質投資比率が100%を超える場合がある。実質組入外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行わない。

設定日2017.02.27
純資産431.27億円
決算日4月25日
手数料0
運用管理費用(信託報酬)(税込)0.11772%
ファンドの管理費用(含む信託報酬)(税込)0.11772%
過去の分配金0

人気のeMAXIS Slimシリーズです。 

信託報酬が先進国株式の中で最安です。
資産も右肩上がりで勢いもあるので安心感があります。

②eMAXIS Slim新興国株式インデックス

楽天証券より

「新興国株式インデックスマザーファンド」を通じ、主としてMSCI エマージング・マーケット・インデックスに採用されている新興国の株式等に投資を行い、信託財産の1口当たりの純資産額の変動率を同インデックス(円換算ベース)の変動率に一致させることを目的とした運用を行う。原則として為替ヘッジを行わない。

設定日2017.07.31
純資産154.29億円
決算日4月25日
手数料0
運用管理費用(信託報酬)(税込)0.20412%
ファンドの管理費用(含む信託報酬)(税込)0.20412%
過去の分配金0

こちらもeMAXIS Slimシリーズです。

色々と調べてみたのですが、インデックス型の投資信託なら、eMAXIS Slimシリーズの中から選ぶのが無難な選択な気がします。

何と言っても運用コストが低いのが魅力的です。人気があるのも納得です。

③楽天・全米株式インデックス・ファンド

楽天証券より

「楽天・全米株式インデックス・マザーファンド」を通じ、主として「バンガード・トータル・ストック・マーケットETF」に投資する。CRSP USトータル・マーケット・インデックス(円換算ベース)に連動する投資成果を目指す。原則、為替ヘッジは行わない。

設定日2017.09.29
純資産409.92億円
決算日7月15日
手数料なし
運用管理費用(信託報酬)(税込)0.1296%
ファンドの管理費用(含む信託報酬)(税込)0.1696%
過去の分配金0

もともと、投資信託と海外ETFを半々で購入しようと思っていたので、海外のETFを買付して投資信託化している【楽天・全世界株式インデックスファンド(楽天VT)】や、【楽天・全米株式インデックスファンド(楽天VTI)】には興味がありました。

楽天VTと楽天VTI、どちらにしようか迷いましたが、運用コストが安い楽天VTIにすることにしました。

ジュニアNISA口座の今後の投資方針

人気と定評のある投資信託の中から、バランスを考えつつ、この3つを選んでみました。

この3つの他に迷ったのが、「eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)」、「eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)」、「eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)」あたりです。

日本市場に投資している投資信託(eMAXIS Slim国内株式など)も選ぶべきか迷いましたが、昨年(2018年)のジュニアNISA枠では日本株のみを購入していますし、今年(2019年)も既にオリックスを100株購入しているので、今年は基本的に海外市場に投資しているものを選ぶことにしました

買う時期なのですが、最初は下がった時にまとめて買うのがいいのかな…と考えていたのですが、私には市場の流れを読む力がまだないですし、買うタイミングを計るのもストレスになるなぁ、と思いまして。

なので、毎月一定額を積み立てる設定にして、あとは基本的にほったらかしておくことにしました。

6月から、選んだ3つの投資信託を毎月1日にそれぞれ3万円ずつ購入し、月に計9万円分ずつを積立する予定です。

今年のNISA枠の残額が635,150円なので、6月から9万円ずつ積み立てるとすると、年末にはきっちりNISA枠を使いきれる計算です。
(12月は9万じゃなくて、95,150円分投資することになりますが)

ジュニアNISAの運用方針を考えて思ったことなのですが、人のお金を運用するのって難しいですねー。
(ジュニアNISAの運用資金は、夫婦で出し合ったお金ですし、将来は娘のために使うものなので、失敗できない!という気持ちが強いです)

自分のお金だけで運用している私の口座の運用は、自分の責任で自分のやりたいようにできますし、自分の考えだけでやれるので楽です。

投資を仕事にしている人って、人のお金だから制約もストレスも多いでしょうし、大変だろうなぁと素人ながら思いました。

でも、自分の口座で運用する場合は深く考えないことが多い私が、色々と勉強するきっかけになったので、ジュニアNISA、始めて良かったです。

ねるこ
ねるこ
今1歳の我が子が大学に入る頃って、どんな世界になってるのかな?
ブログ村のランキングに参加中!

現在参加しているブログ村のカテゴリーはこちらです。
カテゴリ内には、魅力的なブログがたくさんありますよー

にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ